人気ブログランキング | 話題のタグを見る

つや肌仕様で咲いた マダムフィガロ

デルバールのバラは 季節の遅めに咲くものが多いような気がする




つや肌仕様で咲いた マダムフィガロ_c0404712_02092517.jpg




「マダムフィガロ」は 蕾の時が長いねんやん




もう2週間もこのままの状態やってんよ~





アタシの髪の毛かて 2週間あったら5ミリは伸びてるで(‾_‾ i)


蚊やったら 生まれて死んでるで(‾_‾ i)





つや肌仕様で咲いた マダムフィガロ_c0404712_02092677.jpg




やっと やっと開いた




マダムフィガロは 育て始めて結構長くなってきたけど


最近わかってきたことがあるねん




このバラは 遅咲きの上 ボーリングしおる(+_+)





つや肌仕様で咲いた マダムフィガロ_c0404712_02092731.jpg




蕾のまま 茶色くなって終わってしまうことも多い




あと 樹形にまとまりがない


(これは シュラブ系やから しょうがない)




つや肌仕様で咲いた マダムフィガロ_c0404712_02092960.jpg




春は房咲きになるんだけど それも 雨と重なるとぐちゃぐちゃに(+_+)




この秋は 頑張りました!




・・アタシではなく お天気が^^





何とかボーリングすることなく こうしてベビーピンクの花を咲かせているねん




もう これで満足^^





つや肌仕様で咲いた マダムフィガロ_c0404712_02093123.jpg




大きくコロンとしはる






水を結構欲しがるので 水やりも気をつかってん






このバラ 樹勢が強いので 強健なバラやと思っていたけど


アタシの中では 結構難しいバラになってるねんやん




つや肌仕様で咲いた マダムフィガロ_c0404712_02093154.jpg




そもそも 薄いピンクって 花痛みが目立つでしょ~


ほんで 丸く包み込むバラって ほんまボーリングしやすい




「マット肌」と「つや肌」ってあるやん


女のヒトの ファンデーションで作る肌の事やけど・・・・と 思うけど(自信はない)





「つや肌」にしたいねん!


ほんのりピンクパール感のある 若々しくふっくらした あの! あの 「つや肌」!





 ①毛穴隠そうと思って あれこれ試したら化粧品負けした(バラ花に薬害が出た)



 ②パウダーファンデーションにしたら 粉ふいた(うどんこになった)



 ③リキッドファンデーションにしたら 汗ではげてうなだれた(雨で咲かずうなだれた)



 ④仕上げにピンクの粉はたいたら おてもやんになった(仕上げに虫が寄って来て真ん中に居座った)





なかなか つや肌仕様になるんは むつかしいわぁ~





つや肌仕様で咲いた マダムフィガロ_c0404712_02093256.jpg





結局 大切なのは 「太陽」と「正しい水やり」かな・・って思ってるねん



このバラは 水を欲しがるけど 肥料を欲しがる訳ではなく 肥料過多にすると


あらゆる弊害が出てくるねんなぁ・・




でもね 何でこんな文句ばっかり言うてるのに このバラを育てているかというと




このバラ 咲くのも焦らすけど 散るのももっと焦らすねんよ


だから 花持ちが良くて 長く楽しめるねん




ベビーピンクで そ~ゆ~のんって 貴重かなぁと思ってね^^




ちょっと前に 良く雑誌に登場していたマダムフィガロ


正直 100年後に残るバラやとは思わんねんよ


色や形ではなく 育てやすさの面で 後発のデルバールの方がエエような気がするから




似た感じのバラで もっと育てやすいものが現れたら


化粧品のシリーズがなくなるみたいに このバラも何かに変わっていくかもしれん





少し憂いながら でも 今は アタシが これを育てているんやし


今 縁があるんやから 出来るだけ寄り添って大切にしていこうとおもてるねん^^


Commented by Arthur at 2014-11-07 13:19 x
個体差も含めてですけど
たしかに花が優秀なのとか育て易いのとか
その逆の株もありますよね

でもまぁ、それこそ御縁があって
一緒に暮らしてるバラってのは
出来るだけ大事にしてやりたいもんですよね

何となく…なんですけど
シュラブとかオールド系は
一般的に書かれてる施肥すると
具合が悪くなるような気がします



Commented by ダマスクローズ at 2014-11-07 14:17 x
綺麗に咲いていますよ~!\(^o^)/
欲しい薔薇リストに入っている薔薇様ですよん!

艶肌がいいよね~!
薔薇も、オバチャンも!(笑)
オバチャンの艶肌はかなりの技がいるけど、薔薇様はみずやりで大丈夫そう…?
私も、みずやりで艶肌になりたいわぁ


Commented by メアリー at 2014-11-07 22:08 x
びろ様のところのナエマ様
これまでのボーリング人生を
吹き飛ばすような
美しい秋咲きですね!

それにしても、

樹勢が強い=バラが強い=よく咲く
という方程式は成り立ちませんよねぇ~

そして、大事なのは太陽と水遣り。
まったく、同感! はげしく同意です。

私はナエマ様はお迎えしていませんが
今日の記事、なぜか
ルージュピエール様に重なるところが多く
うなってしまいました~

なんで…なんで~
あんなに勢いあるのに
ボーリングするのか…orz



Commented by 花小僧 at 2014-11-08 08:48 x
うすピンクの色合い、いいですね。マダムフィガロは育てたことありませんが、育てるのが大変でも可愛いというバラもあります。新しく出てくる品種でも残っていくのは少ないのかもしれません。私が育てているバラでも、もうカタログにも載っていないバラがあります。入手時、記録しておかないと、どこのバラかも分からなくなります。好きなバラは残していきたいです。

Commented by びろ at 2014-11-08 11:02 x
そうですよね
そこが ただ一つとして同じでなく(個体差も含めて)育てていて面白いところかもしれませんよね

縁あってバラと一緒に暮らしているんですよね~
そうだったそうだった^^とハッとしました

家族と同じで 一緒に暮らしているんだから 大切にして一緒に成長していければいいですね~

ホント そうですね
シュラブもだけど オールドなんて ほったらかしの土の方が 上手く育つ場合が多いような気もしますね(ウチのレディヒリンドンは長年土がえをせず 土もHCの安物です)


Commented by びろ at 2014-11-08 11:08 x
このバラは とってもマダムな雰囲気もあるから
ダマスクさんに似合うと思うなぁ~♪♪

ナエマをもう少し丸くした感じの花でね
葉っぱは ナエマみたいに巻かないの

旦那さんも もし気に入ったら 是非こ~たって~~^^

多分 ワタシらも 水や食べ物(や 運動や睡眠)が一番大切なお年頃なのかもねぇ
そしてそれが大前提で 技が要る!と^^

ダマスクさん 艶肌やよ~
艶髪やし、今のままで十分♪


Commented by びろ at 2014-11-08 11:18 x
ナ・ナ・ナエマ様ぢゃ~ごじゃりませぬ(@Д@;
アタクシ フィガロです~ マダ~~ム フィガ~~ロ!!!


メアリーさん、フィガロに怒られまっせ~(笑)
って メアリーさんとこ フィガロさん居てませんでしたっけ??


しかしながら ホント 太陽も水やりも大切ですよね。 メアリーさんとこで 水やりの大切さを以前見て 私の方こそ なるほどな~って思っていましたわ

メアリーさんとこの ルージュピエール様の記事
毎回面白いですよ 
すごく株や花の状態を わかりやすく説明してくれてはるし 参考になります 

シュラブでボーリングすると ほんま 腹立ちますよね~ 場所 むちゃくちゃ取りますもんねぇ~~ 中之島遊歩道に植えに行ったろか!って思いますわ~~(デトロイターと戦わせましょう)


Commented by びろ at 2014-11-08 11:25 x
私も 育てていてとても気にいっていたのに 枯らしてしまい また買おうと思ってもどこにもないバラっていうのがあります(+_+)

販売元にも問い合わせてみても もう作っていないとのころで 残念でなりませんでした

毎年 キレイなカタログや雑誌でお目見えする 新しいバラも きっと5年後10年後には様変わりしているのでしょうね


花小僧さんとこで見させてもらった パウルクレー 2年以内に是非 買っておきたいです!!



Commented by tomo at 2014-11-08 23:03 x
わたしも フィガロ持ってます
読んでいて そそ、うんうんって
共感しました
うちのんは 春に良く咲きました
ブログにアップしてたかな~?

アントワーヌ マリーが
ステキに咲き進んだのでで
近々に更新できたら…と思ってます

フィガロを持っている人は
少ないですよね
びろさんちの ベビーピンクちゃん
めんこい^ ^




Commented by びろ at 2014-11-10 01:14 x
春は房咲きですよね~
ウチは そりゃあものすごい食われっぷりで
もう どの虫が食べたのかわからんぐらいでした

写真に撮ると きちゃなかったので 春は載せられませんでしたよ

フィガロは ナエマが入ってくる前後が一番人気あったのかもしれませんね
年々人気の上がってくるナエマと違い 年々雑誌から遠ざかっていっているかのようなフィガロ


あの丸いベビーピンクは貴重ですけどね~
案外大きくて重いのも なじみにくいのかもしれません

アントワーヌマリー 咲き進んでも素敵♡
大好きなので 見せていただけてうれしいです♪


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biro3110 | 2014-11-07 12:12 | テーマ:├ マダムフィガロ | Comments(10)