人気ブログランキング | 話題のタグを見る

悟りの窓~~ 迷いの窓~~

 

昨日の続き

 

京都の北の方で 

お父ちゃん(ダンナ)に案内してもろた所

 

もう一つ 紹介させてぇ~

 

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02484870.jpg

 

 

「源光庵」

 

 

ここも 駐車場はタダ

 

 

昨日 紹介した 「光悦寺」からも 歩いてすぐ

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02484910.jpg

 

 

駐車場は 無料だけれど

30分を目途に 利用してくださいとのこと

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02484918.jpg

 

 

整いましたっ!

 

 

って言いたいぐらいの感じ

 

 

入った時 

パッと続く障子が 波のように目に入る

 

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485068.jpg

 

 

行ってみてっ^^

 

アタシは ここでは障子が一番

印象深かったわ

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485258.jpg

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485211.jpg

 

 

うちでは 夏場の暑さで全滅やった ホトトギス

 

 

「これ 何て言うのん?」って お父ちゃんが言う

 

 

うちにもあるねんで

いっつも 沢山咲いてるやん

きっと アンタが小さかった頃から咲いてるハズやで

 

 

って 言うてあげたても

 

「うううううう~~ん・・・見た事ないっ」

 

 

って言い張る

 

 

まっ 興味がなかったら そんなもんやろ

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485345.jpg

 

 

十二ひとえ

 

 

似合うねぇ~

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485308.jpg

 

 

斑入りのススキが 何とも言えずお洒落さん

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485425.jpg

 

 

そやねんて

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485458.jpg

 

 

ジャーーーンッ

 

本堂 上がらせてもらう

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485580.jpg

 

 

なぬっ!

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485509.jpg

 

 

この足跡 ホンマかね?

 

大工さんの足跡と ちゃうかね?

 

などなど 失敬な事を思いつつ

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485617.jpg

 

 

用意されている椅子に座って 眺める

 

 

アタシ 何も感じなかったんですけど・・

 

 

勉強しなおしかもしれん

 

 

お父ちゃんは 歴史がとても好きなので

色々と知っていて 教えてくれる

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485796.jpg

 

 

悟りの窓

 

 

悟りの窓~~ 迷いの窓~~_c0404712_02485717.jpg

 

 

悟りの窓と 迷いの窓

 

 

周囲に人がおったら 悟られへんし

迷いもできひん

 

あるのは ただの雑念

 

 

2014_autumn

 

 

これはポスター

 

 

今からやな

今から めっちゃ混むんやろうなぁ

 

 

ほんで 何を悟る??

窓からの美しい紅葉を一目みて 

何を迷い何を悟る?

 

 

源光庵の印象としては

そやなぁ~

 

 

大阪市立科学館に行ったみたいな感じ

 

 

おおおお~~~

ほおおお~~~

へっ???

 

 

一度は見れて良かったけど

アタシは一度だけでいいかな・・

 

 

科学館と同じで

興味があって好きな人にはたまらないと思うけど

 

 

アタシは光悦寺の方が好きだった

(そっちの方が 明らかに空いてるし)

 

 

説明が 要らん・・かもしれん

 

 

血天井の説明も

窓の説明も・・・

 

 

別に 説明の要らん 

ズラーーーっと並んだ障子の方が

想像力をかきたてる ことないかい?

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


Commented by 紫檬 at 2018-10-23 17:16 x
やっぱり平安時代は今より暑かった説はホントなのかも知れませんね

だから、その時代から受け継がれる植栽技術は猛暑に負けないのかも!?

こちらの石垣もね、五百年前で、京都の歴史には及ばないけど、津波でびくともしなかったんです、現代の技術で作られた堤防や建物は見事に破壊されましたが、政宗が築いた太平洋と貞山運河を隔てる石垣の防波堤は津波の直撃にも耐え、ほぼ無傷で残ったんです

いにしえの知恵と技術って、知れば知るほど素晴らしいです

西洋では自然は敵で制覇すべき相手と言う概念を軸に都市や庭を作るそうです

日本は畏怖も含めて、自然を崇拝し、自然から学び、自然を目指して過ごそうとする気持ちが根底に有ったのでしょうね、だからこそ、飽きないし、常に美しい

懐古主義ではない私ですが、それでもやっぱり、魅了されます

障子紙1つにしても、素晴らしい知恵が凝縮されてるんですよね

でも、硝子の手軽な快適さに甘えちゃう現代人な私です(笑)

Commented by びろ at 2018-10-24 01:17 x
>紫檬さん

昔々の石垣が 津波でびくともしないって
何だか凄い事ですね

きっと 何度も何度も 津波を経験してきた石垣でしょう
普通だったら 劣化するだろうに・・

西洋と日本の 自然への考え方の違いっていうのもたまげました

今まで そんな事全然考えたことなかったのでね

日本のモノが好きって言う意識も全くありませんでした
が しかし やはりトシかなぁ

確かに落ち着くのよね

そういえば 障子紙のノリだって
うちの近所のおばあちゃん達は 未だに昔の張り方をされます
結局 アレが一番強かったりするから またびっくり!

暮らしにおける現代人の知恵の中で
昔と一番違う誇れるものって お手洗いぐらいなんじゃあないの??って思うわ

今の紙の 素晴らしい事!!

Commented by 紫檬 at 2018-10-24 04:12 x
>びろさん

トシ、確かに有ると思います、私も20代はロココ、30代はアールヌーボーに心酔してました

私が日本を改めて素敵だなって感じたのはアールヌーボーの原点にジャポネスク、日本への憧れが有ったと知った、いわば、逆輸入的なものでした

園芸にしても同じで、百合、薔薇、紫陽花、椿など多くの花の原種は日本から持ち去られた種の末裔だと知り、日本の自然の豊かさを知りました

もう、私の好きって、一周すると何もかも日本に行き着いちゃうんだなって

なのに、40代で建てた我が家には和室が有りません、日本家屋の素晴らしさを知れば知るほど、その維持の大変さも知ってしまうからです、私が結婚してたり子供が居たら、迷わず日本家屋にしましたが、私の代で終わる家なら、あと数十年の快適ささえ有れば良かったんです

話がそれちゃいましたが、トイレットペーパー、確かに肌触り、吸収率、かなり良くなりましたね

私は幼い頃、まだ、仙台は隅々まで下水と上水が渡らず、井戸水生活で、トイレはいわゆるボットンでしたので、硬い紙を揉みほぐして拭いてた記憶が有ります、下痢の時とか痛かったなぁ(笑)

屋外の離れにトイレと風呂が有って、暗いし寒いし遠いしで、そこに癒しなんかなかったです

単に用を足す場所、単に体を洗う場所、それがトイレと風呂でした

だから私、水洗トイレと清潔な風呂場が大好きなんです、床を頬擦りしても不潔感がないでしょ?

昔なら考えられませんでした(笑)

そんな私は水回りの掃除が大好きです、用を足す度にフキフキ、入浴も体を洗うのがメインなのか掃除がメインなのか分からないくらいです(笑)






Commented by びろ at 2018-10-25 12:20 x
>紫檬さん

お手洗い うちのダンナも
昔は汲み取りが来てたでぇ~って
言うてました

古い地域は こちらでも
そうやったみたいです

不思議やね
ちょっと前の事やのに
今はもう 今のトイレじゃないと
満足できないわっ


私は 自分で水回りの掃除をするのは好きじゃないです(笑)
仕方ないからしてる
多分 一人で暮らしていたら 殆ど掃除しないかもしれません

日本でイングリッシュガーデンって流行ってるけど 元々 英国って園芸が全然アカンかってんてね
ポールスミザーさんが言うてた

不思議やね 

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biro3110 | 2018-10-23 13:09 | いろいろ | Comments(4)