人気ブログランキング | 話題のタグを見る

シスターエリザベスの2番花と退屈なショパンのワルツ



今日は降ったり止んだり


昨日と今日
頭痛薬を手放せない


二日間 朝昼晩
服用しているけど
飲んで3時間経つと
またもズキズキ ズキズキ


こりゃあ完全に片頭痛やね





削って足すだけの土替え方法と切りバラ_c0404712_10453830.jpg




これは 去年の一番花
ERのシスターエリザベスやよ


今年のんは探したけどなかった


・・・ということは
多分 雨風でやられて
見れたもんじゃあなかったんかも


咲いてたには咲いてた




シスターエリザベスの2番花と退屈なショパンのワルツ_c0404712_20263743.jpg




ってことで
今日撮った2番花



ERを鉢で育てるのんって
難しいよなぁ


特に こーゆー
垂れるワサワサ系


うちでは
ワイルドイヴもそう



鉢がデカくなって
花数も増えるけど
暴れまくる



今日はそんな
シスターエリザベスと音楽を
交互に載せさせてもらうわ


もう貼ってん!



長いので
何ならバラの写真だけ
見て下さいな~









先週から今週はショパンにしようと
思っててん


それも シンドくないやつ
軽いやつ



ワルツぐらいな感じが
いいなぁと



その中でも 若い頃は
全然良いと思わなかった8番



盛り上がりの欠ける8番



まずはルービンシュタインから行くで



ホンマ 熟してはるわぁ
しかも過不足ない



3拍目に若干重きを置いてる感じやのに
軽いのは右手の打鍵のせいかなぁ


トリルも回りすぎてなくて
本当に ちょうど良い
整った打鍵が続く




シスターエリザベスの2番花と退屈なショパンのワルツ_c0404712_20263808.jpg



アタシの先生は
何故か子どもの頃
ショパンのワルツ集をかなりさせた


あたしゃ 嫌で嫌で
特にこの8番は
子どもが弾くと子どもっぽくて
ホンマに嫌いやった
読譜も難しくないし
何もオモロナイ


はよ ワルツ終わりたいなぁ
って思ってた
(それでも ピアノは嫌いにはならなかった)


3拍子の感覚を
徹底的に学ぶため
・・とか言うてはったけど
才能ナシのアタシは
ブンチャッチャはブンチャッチャ


はよ ちゃう音型の伴奏を
弾きたかった


ルービンシュタインのこれ
子どもの頃も聴いたわぁ



わからんっちゅうねん
この熟した味は大人しかわからん



今やん、今


ショパンのワルツが
エエなぁ~って思うのは
おばちゃんにも年季が入ってきた今








リパッティは これだけ聴くと
ルービンシュタインより硬く聴こえるけど
全集で聴くと ワルツ めっちゃエエ
夜のドライブに時々持って行く
(エエように言うてるけど
単に夜の買い物)



ペダル少ないよなぁ
でも踏んでないわけではない
薄いねん 踏み方


ルービンシュタインのショパンを聴くと
「人生色々あったけど余は満足じゃあ~~」
って感じになる



リパッティのショパンは
「や~る~ぞ 見てお~れ~
口には出さず~~~」
って感じだけど何故か気高い
音は素直で気高い





シスターエリザベスの2番花と退屈なショパンのワルツ_c0404712_20264065.jpg



音楽を聴く時は
いつだって一人なんだけど


リパッティを聴く時は
ホンマに完全に一人



ルービンシュタインは
何なら脳内
アタシと一緒に聴いてる観客がいて
一緒に ブラボー――って
拍手してる
和気あいあいと^^



リパッティ自身は
良い人のお手本のような人だったらしく
白血病と闘いながら
鍵盤に向かう姿が尊かったという


音が尊い
嘘がなく潔い









ラフマニノフがショパンのワルツを
弾いているのんを見つけた♪



おお~~~
落ち着けっ!


というか大道芸人っぽいなぁ
曲の解釈が!


曲作る人やなぁ
って思う

こーゆー人は
jazzも上手い


ラフマニノフは
ピアノもかなり上手やのよなぁ
(当然やけど)
そして ピアノのダイナミックな所を
熟知している


だから こんな風な小品も
ダイナミックに華やかに弾くんやなぁ



ラフマニノフ
アタシは好きな曲と
全く好きでない曲がある



大体 半々ぐらいかなぁ


弾い(聴い)てて好きなのと
弾い(聴い)ててゲッソリするの


ゲッソリするのんは
感傷過多なヤツ




シスターエリザベスの2番花と退屈なショパンのワルツ_c0404712_20264177.jpg




例えば ピアノ協奏曲2番も
1楽章はゲッソリで
2楽章は好き
3楽章はまたもゲッソリ



プレリュードは殆ど好きではない
前奏曲(プレリュード)やで!
って思う



音が張り切りすぎて
弾くのも聴くのもあまり好きではない



音の絵は33より39
39の方がかなり好きで
昔 大学で先輩方が弾いているのを聴いて
(実技試験が公開だった)
絶対弾けるようになりたいと思った



今も良く聴くのんは
交響曲でもピアノ協奏曲でもなく音の絵39



もう 全然弾けないけど
聴くのんはとても好きだ








ワルツに戻ると
コルトーはUPしとかんななぁ



21世紀はショパンの楽譜と言えば
エキエル版らしいけど
一般的には昔からのパデレフスキ版かなぁ
我が家にも全部置いてるけど
これ ボロボロになるねんよなぁ


コルトーは教育者やったから
コルトー版は 解説が多いねん
アタシは持ってるけど使わん



で コルトーのワルツどないかな?


流れはあるし
これ好きな人も居ると思うけど
アタシはあまり好きじゃあないなぁ



人生に迷いがない人っぽい弾き方



ただ この系統の弾き方の人は
プロアマ問わず 沢山居てはって
そないに珍しいワルツの解釈ではないんやと思う


YouTube検索でも
沢山居てはった
(もちろん有名どころも)



うがった見方をすれば
退屈な8番を
いかに退屈に見せないように弾いたかの見本っぽい



この解釈だったら
ぜ~~んぜん 音が生き生きしない




シスターエリザベスの2番花と退屈なショパンのワルツ_c0404712_20264333.jpg



一流の人に
文句ばかり言うて何様??


まぁまぁ・・


だらかオモロイんやん
芸術って 全否定してもエエやん
何も 人格否定してるんちゃうんやし



自分と違う感性の人が居るから
芸術は面白いのであって
それぞれが それぞれを
褒め合う必要はまるでない



なので 次に紹介する
アタシの一押しは
これまた アタシと違う感性の人だと
ウゲゲゲゲって思うはず









アタシは これほどの8番を聴いたことがない


あの 退屈な8番を!!!



よくぞここまで昇華させたものよ


フレーズ一つ一つが
ものすごく意味を持ってる
装飾音の踵の返し方も
ものすごく洒落てて


アタシは この8番の中に
カッコイイ細身のタキシード着た紳士を
思い浮かべる


アステアか??






2013年に この曲の感想を書いているんだけど
今も全く同じ感想だ





シスターエリザベスの2番花と退屈なショパンのワルツ_c0404712_20284352.jpg




さてと バラだけど
どないかなぁ
一つずつはとても可愛くて
形も色も素敵なシスターエリザベスだけど
全体像が いつも気に食わん


地植えしたろかなぁ
チャールズレニーマッキントッシュを
地植えから鉢植えに戻して
これを地植えしようかなぁ



あと ↑は
赤いのがシェエラザードで
白っぽいのがシャリマー



雨にやられながらも
何とか2番花 頑張ってはる



後ろの方には
シスターエリザベスも映ってるね


そうやねん
遠目に見れば
そないに変じゃあないんだけどなぁ



近くで見ると 暴れ具合が嫌やねん












最後に リンクのアメブロの記事にも
載せているサンソンフランソワのワルツ



この動画 8年経っても好きだわぁ



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村



人気ブログランキング


↑↑↑
2つのランキングに登録しました
ポチっと応援よろしゅうに





Commented by むむむ at 2021-06-28 12:24 x
びろさんこんにちは。

びろさんて、一つの曲のいろんな演奏家や年代の録音を聴き比べてあーでもないこーでもないって仰るでしょう。それを読むのが毎度すごーく楽しいです。

私自身、浅はかにも聴き比べるっていう行為をしてこなかったというか、最初に手に取ったCDの演奏に納得したらその人の演奏ばかりで聴いてきたんです。
鳥でいう始めて見たもの=親っていう刷り込みみたいな。
だからドビュッシーはギーゼキング!スカルラッティはホロヴィッツ!みたいに自分の中で作曲家と弾き手がタッグ組んでたりします。

そして、ショパンは最初に買ったプレリュードのCDがたまたまサンソンフランソワだったので(笑)自分の中ではショパンはサンソンフランソワ。
今回聴かせていただいた中ではリパッティもすごく好きな演奏でした。抑えててきっぱりしててたまらんです

ピアノはいくら練習しても全然ダメで毛すら生えなかった素人ですが、ショパンのワルツ6、7、9番は弾いたけれど8番はそういえば弾かなかったなぁ。先生がスルーしたのかなぁ。
子どもでも音押さえただけでオトナな気分になれて9番好きでした。
Commented by Biro3110 at 2021-06-28 22:38
> むむむさんこんばんは♪

すごく楽しいって言うて下さり有難いです♪
私は昔からちゃんとした解説やライナーノーツなどを読むのが凄く好きなので 自分でもそんな感想を書きたいのですが どうしても 知識と経験と感性が無くって 小学生の感想文みたいになってしまっています。

子どもの頃習っていた先生が レコードやCDを貸して下さってたんです。
うちで買ってもらえるのんって1種類だけだったのですが「他の人のんも聴いてみなさい」って その場で聴かせて下さったり貸して下さったりしたんで 昔から比べる癖がついちゃっています。色々聴くのも面白いですよ^^

リパッティ めっちゃエエでしょ~~ あの純粋な音に 泣きそうになることがあります。
リパッティが電柱だったら 夜電気が付いたら そこだけに ずーーーっと張り付いている蛾に アタシはなりたい!って思います。芯があって真っすぐで でも温かい。

ワルツ 9番は密かに人気です^^今まで9番教えて ハマらなかった人は居なかったです。
私も好きで 今でもよく弾きます。別れのワルツっていう名前がまたエエんですよねぇ~~
生徒には6番1番7番10番14番辺りをやってから9番を教えます。 たまーーに ワルツ好きな人が居て
2番3番4番も弾きたいっていうて弾いています。大人の方で ずーーーーっとワルツばかりやっている方も居ました。私は子どもの頃は 和音で動く左手よりも あっちゃこっちゃ動く左手の方が好きだったので ワルツの良さが全然わかりませんでしたが 今 めっちゃ好きです♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by biro3110 | 2021-06-28 00:35 | 音楽 | Comments(2)